ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが

ジョシデカ 第8話カテゴリの記事一覧

ジョシデカ 第8話

ドラマ「ジョシデカ」第8話

ある日突然、連続殺人の犯人だと名乗る男、鎌谷武(宮川一朗太)が自首して来る。鎌谷は来実(仲間由紀恵)と華子(泉ピン子)の取り調べに対し、連続殺人事件第二の被害者である倉本道夫とはアパートが隣同士で、騒音トラブルが原因で殺害したというが、それ以外の事件については全く関係がなく、倉本の死体の掌に書かれていた数字に関しても書いていないと言い張る。

ますます謎の鎌谷武(宮川一朗太)ですね。

その後の聞き込みにより、殺された倉本は近所ではすごく評判の良い学生で誰からも恨みを買うような人間ではなかったということを知る来実と華子。鑑識の結果、倉本の殺害はほぼ鎌田で間違いないことがわかるが、どこか気になる来実であった。

そして改めて取り調べを行うと、鎌谷の供述には徐々にズレが生じてくる。倉本から受けていたとされる嫌がらせは実際には鎌谷本人が見たり、聞いたりしたものではなく、母親の介護をしていた山木早代という人物から聞いたものだというのだ。

山木早代ってだれだれ??

この供述により、早速、山木の身元を探る日暮署刑事たち。しかし、その姿はどこにもなく、その名前すら偽名である可能性が…。
山木早代と名乗る人物が事件の鍵を握り、更には今回の連続殺人事件にも絡んでいる可能性が高いと睨む日暮署刑事たち。山木を見つけることができれば、事件解決へ大きく前進する。と、思ったその時、日暮署内に山木がいるとの連絡が…!?

またまたどうゆうこと?日暮署内に山木が??
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。